アニメージュとジブリ展

一冊の雑誌からジブリは始まった

松屋銀座(東京都)

2021.04.15(木)- 2021.05.05(水・祝)

アニメージュとジブリ展

本展覧会では鈴木敏夫が編集者として活躍していた時期(1970年代末から1980年代)に焦点を当て、まだアニメという言葉さえ広がっていない時代から、79年に登場した「機動戦士ガンダム」の大ヒットにより質的にも量的にもアニメが大きく飛躍するブーム期、そして鈴木が後のジブリにつながる高畑・宮崎両監督を発見し、彼らとの映画製作に傾斜していくまでの道のりをご紹介します。

また、最新情報をお伝えする公式SNSの配信も開始していますので是非公式サイトをチェックしてみてください。

展覧会概要

1970年代末から1980年代の
アニメージュの流れを追う4つのエリアと展示物で
スタジオジブリの原点を振り返ります。

会期2021年4月15日(木)~ 5月5日(祝・水)
会場松屋銀座8階イベントスクエア(〒104-8130 東京都中央区銀座3丁目6-1)
開館時間本展の入場は全日 日時指定の予約制となります。詳細は公式サイトをご確認ください。
※ 新型コロナウイルス感染症拡大の状況により営業日・営業時間が変更となる場合がございます。
企画制作株式会社ニュートラルコーポレーション
企画協力株式会社スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館
協力(公財)株式会社徳間書店、マクセル株式会社

アニメージュについて 

  

鈴木は、「アニメージュ」の編集を通じて、二人の作家と出会いました。高畑勲と宮崎駿、アニメージュの創刊号で特集した日本のアニメーション史に残る名作「太陽の王子ホルスの大冒険」を中心で生み出した二人です。鈴木は、ガンダムや宇宙戦艦ヤマトなどの松本零士アニメが大人気だった81年8月号に宮崎駿監督の31ページにもわたる大特集を掲載したのを契機に、一気に高畑・宮崎らに寄りそう路線をとることを宣言したのです。本エリアでは、 82年2月号の原作マンガ連載開始を経て、84年に映画「風の谷のナウシカ」が誕生するまでの道のりを振り返ります。さらに、今まで紹介されることの少なかった、貴重なレイアウトや原画、美術ボードなどの資料を、その描き手が「アニメージュ」でどう紹介されてきたか、という視点から多数展示します。中でも、また、「アニメージュ」という雑誌から映像制作が始まったという表れとして、徳間書店制作の他の映像作品をまとめて紹介。鈴木が力を入れた押井守監督作品「天使のたまご」などの貴重な資料展示や、今回初公開となる「風の谷のナウシカ」のセル画にも注目です。