ジブリ美術館ライブラリー最新作「雪の女王」<新訳版>のHPができました

ジブリ美術館ライブラリーの最新作は、12月15日公開の「雪の女王」<新訳版>に決定しました。
 
そして、本日、ジブリ美術館ライブラリー最新作「雪の女王」<新訳版>の公式HPも立ち上がりました。
 
まだまだ、トップページだけですが、徐々にパワーアップしてまいります。
みなさん、ブックマークをよろしくお願いします。
 
http://www.ghibli-museum.jp/snowqueen/
snq01.jpg 
 
 
三鷹の森ジブリ美術館は、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーの最新作として、2007年12月15日より、シネマ・アンジェリカ(渋谷)ほかにて『雪の女王 <新訳版>』を公開いたします。
 
1957年にロシアで製作された本作は、アンデルセンの原作をもとに、今なお世界中に影響を与え続けている伝説的アニメーション作品です。宮崎駿監督にとってもアニメーションの世界で生きていくことを決意した運命の作品です。
 
この名作が誕生50周年を記念して新たに生まれ変わります。従来DVDなどで観ることができた『雪の女王』とは異なり、若き宮崎駿を虜にしたロシア語によるオリジナルの音源と音楽を再現し、長らく見直される機会のなかった日本語字幕を一新。『雪の女王 <新訳版>』として現代に甦ります。更に同時上映作品として、太田光(爆笑問題)・光代夫妻が絶賛する、アンデルセン原作のもう一つの傑作ロシアアニメーション映画『鉛の兵隊』を日本初公開いたします。是非ご期待ください。
 
雪の女王 <新訳版> L.アタマーノフ監督/1957年/ソ連(ロシア)/65分
 
(同時上映 鉛の兵隊 L.ミリチン監督/1970年 /ソ連(ロシア)/ 20分) 

日本語字幕:児島宏子