ジブリ美術館で企画展示「アードマン展」が始まりました。

5月20日(土)より、三鷹の森ジブリ美術館で企画展示「アードマン展」が始まりました。

今や、「ウォレスとグルミット」など世界中で大人気の”アードマン・アニメーションズ”を紹介する企画展示です。
詳しくは、ジブリ美術館のページでご覧ください。

ジブリ美術館のページhttp://www.ghibli-museum.jp/
「アードマン展」紹介ページhttp://www.ghibli-museum.jp/aardman.html
aardman2.JPG
「展示会場のごくごく一部をご紹介」(c)2006 Aardman Animations Ltd


(「アードマン・スタジオの始まり」)

 今から40年前、12歳のふたりの少年がイギリスの田舎町で出会いました。ふたりは、TVアニメーションが大好きで、毎日毎日絵を描いて遊んでいるごくごく普通の少年たちでした。ところが、ある日お父さんから8ミリカメラをもらったのがきっかけで、ふたりの運命は大きく変貌を遂げます。そのカメラを使ってアニメーションの制作を志したのです。


 スタジオは台所、機材はカメラだけ、そして観客は家族と友人たち。そうしてできあがった作品のタイトルのひとつが「アードマン」というヒーロー作品でした。この作品はBBCが取り上げてくれて、ふたりは初めて報酬を手にしたのです。ふたりは大喜びで、次々と作品に取り組みます。当時のふたりは創ることにのみ夢中で、よもや30数年後にアカデミー賞を受賞することになろうなどとは、夢にも考えていませんでした。そしてふたりは、立ち上げたばかりの会社に、「アードマン・アニメーションズ」と命名したのです...。 


...続きは、企画展示をご覧下さい!!