メインコンテンツ | メニュー

ページ内容

2015年8月10日

「野中くん発 ジブリだより」 8月号

 すでに色々報道が出ているのでご存知の方も多いと思いますが、宮崎駿監督は今、三鷹の森ジブリ美術館用の新作短編アニメーションの準備中です。小さな毛虫のボロが主人公の作品ですが、実はこの企画は、90年代半ばに「もののけ姫」と同時期に劇場用長編映画化が検討されました。「ボロ」として企画書も書かれたのですが、結局「もののけ姫」が映画化され「ボロ」は製作されませんでした。しかし、宮崎監督の中ではこの企画は消えることなくずっと温められ続けてきたようで、今回、新たに短編の企画として、本格的に制作準備作業に入りました。以前から宮崎監督はジブリ美術館の短編について、月1本ずつ上映して丸1年で一巡するように全部で12本作ろう、という意向がありました。現在、ジブリ美術館の短編は9本あるので、完成すれば10本目ということになります。今年6月から準備作業が続いていますが、完成までまだ掛かりますので、どうかお待ち下さい。それまで、好評開催中のジブリ美術館新企画展示「幽霊塔へようこそ展 -通俗文化の王道-」をどうぞ宜しく。

 さて、この号が出るのは8月半ば。夏真っ盛りですが、夏休みということで、金曜ロードSHOW!は8月にジブリ作品を3週連続で放送します。今回はいずれも高畑勲監督作品で、まず、終戦記念日の前日の8月14日(金)は「火垂るの墓」をオンエア。翌週の21日(金)は「おもひでぽろぽろ」。そして28日(金)は「平成狸合戦ぽんぽこ」です。3本とも夏が関連した作品ですが、特に「火垂る」「おもひで」は内容がほぼ夏の話なので、いわば〝ジブリの夏祭り〞といったところ。ちょうど製作順での放映なので、続けて観ると、80年代後半〜90年代前半の高畑監督の長編アニメーション作品をすべて順番通りに鑑賞することが出来て、大変充実したラインナップです。例によって、放映時のセカンドスクリーン展開も実施予定。本編ノーカット放送ですのでぜひ3本続けてご覧下さい。

 最後になりましたが、吉永小百合さん編、男鹿和雄さん画の詩画集『第二楽章 ヒロシマの風 長崎から』が徳間書店から発売になりました。別々に出ていた2冊を1冊にまとめ、美しいハードカバー本として新刊行。また、ちょうど今、広島県熊野町の筆の里工房では8月30日(日)まで「第二楽章 男鹿和雄展 吉永小百合と語り継ぐ」を開催中です。詳しくは筆の里工房のホームページをご覧下さい。http://fude. or.jp/

2015年8月 9日

8月の「金曜ロードSHOW!」では、高畑勲作品が3作品、放送されます

8月の金曜ロードSHOW!で、高畑勲監督の「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」が放送されることが決定しました。 夏休みもいよいよ後半という時...

続きを読む ≫

2015年8月 4日

<募集>あらためて、三鷹の森ジブリ美術館からのお知らせです。

<お知らせ>現在、三鷹の森ジブリ美術館では、美術館運営業務全般に携わる正社員を募集しています。 募集人数は若干名で、入社日は2016年1月15日ということです。...

続きを読む ≫

2015年8月 3日

東海テレビをご覧になれる地域のみなさんへ、「樹木希林ドキュメンタリーの旅」放送のお知らせ

「全国の地方テレビ局が地道に語り継いできた戦争の記録がある。女優・樹木希林とともに、その中から6作品を選択し、全編を放送する。樹木希林は、実家を戦時中に焼かれ、...

続きを読む ≫

2015年7月29日

「この映画が観たい#24 ~鈴木敏夫のオールタイム・ベスト~」(CS「ムービープラス」)、放送のお知らせ

毎月、様々なジャンルで活躍する著名人が自身の人生に影響を与えた映画について語る、ムービープラスのオリジナル番組「この映画が観たい」。 8月はスタジオジブリの鈴木...

続きを読む ≫