鈴木敏夫とジブリ展

~宮さんは絵を描き、僕は字を書く。~

神田明神 文化交流館「EDOCCO」内 神田明神ホール(東京都)

2019.04.20(土)- 2019.05.12(日)

鈴木敏夫とジブリ展

「鈴木敏夫とジブリ展」は、多くのジブリ作品を手掛けてきた、スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫の"言葉"に注目した展覧会です。
一昨年の広島(筆の里工房)を皮切りに、昨年、名古屋(松坂屋美術館)と、金沢(金沢21世紀美術館)で開催し、好評を博した「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」を元に、さらにジブリの魅力を詰め込みバージョンアップ。

作品の世界観をより多くの人に伝えるため、監督の意図を汲み作品と真摯に向き合うことで、その本質を「言葉」にして伝えてきた鈴木敏夫。
その力強い"言葉"を見ただけで、きっと誰しも心に残る名場面を鮮明に思い出すとともに、ジブリの世界観に強く引き込まれるでしょう。
高畑 勲、宮崎 駿両監督と出会って40年、「風の谷のナウシカ」や「千と千尋の神隠し」、そして「風立ちぬ」、「かぐや姫の物語」まで、ジブリはどこから始まりどこへ向かうのか。
展示では、鈴木による書やジブリ作品の資料を用いて、鈴木敏夫の「原点」から「今」を紹介することで、スタジオジブリの秘密に迫ります。

展覧会概要

2019年4月20日(土)~5月12日(日)の23日間(※会期中無休)、神田明神に新設された文化交流館「EDOCCO」内の神田明神ホールおよびその周辺エリアにて、『鈴木敏夫とジブリ展』が開催されます。

会期平成31年(2019)4月20日(土)~5月12日(日)計23日間 会期中無休
会場神田明神 文化交流館「EDOCCO」内 神田明神ホール <御茶ノ水駅 徒歩5分/秋葉原駅 徒歩7分>
開催時間10:00~18:00(最終入場 17:30)※営業時間は今後変更になる可能性がございます。
主催株式会社乃村工藝社
特別協力スタジオジブリ
観覧料※決まり次第お知らせいたします

過去開催「言葉の魔法展」の様子

鈴木敏夫 TOSHIO SUZUKI

1948年、名古屋市生まれ。慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店入社。『週刊アサヒ芸能』を経て、『アニメージュ』の創刊に参加。副編集長、編集長を務めるかたわら、「風の谷のナウシカ」「火垂るの墓」「となりのトトロ」などの高畑勲・宮崎駿作品の製作に関わる。

1985年にスタジオジブリの設立に参加、1989年からスタジオジブリ専従。以後ほぼすべての劇場作品のプロデュース。現在、株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。

著書に『仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場』(岩波新書)『ジブリの哲学―変わるものと変わらないもの―』(岩波書店)『風に吹かれて』(中央公論新社)『ジブリの仲間たち』(新潮新書)『ジブリの文学』(岩波書店)『人生は単なる空騒ぎー言葉の魔法―』(KADOKAWA)『禅とジブリ』(淡交社)『南の国のカンヤダ』(小学館)などがある。

撮影:荒木経惟