メインコンテンツ | メニュー | リンクメニュー

Main Contents

2008年05月

5月1日(木)
今日で、作監補の高坂さん・賀川さん・稲村さん・山下さん全員の作業が終了!
「ポニョ」の難しい作画内容を、宮崎さんの意図を汲みながら修正し、作監の近藤さんに回していくという難しい仕事を担当してくれた4人。制作は本当に頭が上がらない。
作監陣は近藤さん一人になり、残すカットは約10cut。近藤さんは「みんな終わっていくから寂しいなー」と言っていたが、来週には近藤さんの作業も終了予定。残るは、動画・仕上げ・撮影の3セクション。いよいよ、ポニョ制作も大詰めです!

今日の声の収録にいらした役者さんはとても気さくで格好いい女性。収録後は社内を見学したり、スタッフと記念写真を撮ったり、カメラが回っていなくても全然着飾っていない素敵な人だった。制作の渡辺さんは、「彼女に耳元で名前を呼ばれたい!」と、あらぬ妄想に取りつかれている様子であったのだが...。

今日は、他にもズームインSUPERの取材も入る。アナウンサーの羽鳥さんがいらしたのだが、担当のニシヤンは本人よりも持参されたお土産のク○スピードーナツが気になる様子。でも、その様子を見ていた鈴木プロデューサーは、甘すぎるだの、好きじゃないだのとわざと否定的なことをいってニシヤンをからかっていたのだった。が、いざ羽鳥さんがドーナツをもって登場すると、すぐに「ありがとうございます!これ美味しいんだよね。みんな食べよう!食べよう!」とさっさと持っていってスタッフに振舞っていたんだから、このあまりの豹変振りは唖然とするしかないスタッフたちなのであった。
080501a.JPG
「ドーナツをゲットした瞬間の鈴木プロデューサー」


「男鹿和雄展」の名古屋巡回が、いよいよ開館です。広報部のニシムラから引き続きフォトレポートをお送りします。
08-05-01_09-17.jpg
「マツザカヤの地下ウインドウです。」

08-05-01_09-32.jpg
「鈴木さん直筆の音声ガイド案内も入口前に飾られスタンバイOK」

08-05-01_09-50.jpg
「開館を待つ男鹿さんと関係者たち」

08-05-01_10-05.jpg
「開店と同時にお客さんが来たー!!」

08-05-01_12-07.jpg
「事件勃発!!男鹿さんの絵が落ちたー!慌てて修正するスタッフたち。」
というわけで、男鹿和雄展、名古屋で絶賛公開中です。是非、足をお運び下さいませ。


5月2日(金)
連日アフレコが続いているが、時間を見つけては監督が「400個もある・・」とか言いながら机に向って一生懸命何かを描いている。詳しくはまだまだ明かせないが、どうやらエンドクレジットに乗せる何からしい・・・。「ポニョ」の制作に携わってくれた人達へのスペシャルプレゼントになるのではないだろうか。答えは是非、劇場でご確認下さい!

役者さんたちのアフレコの合間に、今日は、後半で登場する赤ちゃんの鳴き声の収録を行なう。制作スタッフのホンモノの赤ちゃんを連れてきての収録だった。こんな早くから子役デビュー(?)だなんて、将来大きくなったら本人はどう思うんだろう、恥ずかしい?照れる?嬉しい?と、その日のことに思いを巡らせて、ちょっとょっとワクワクしたりもするのである。


5月3日(土)
今日はポニョ役の子役のアフレコの2回目。今日も順調に声を収録していく。ジブリのアフレコは基本的に一人ずつ録っていく方式なので、収録は大体ひとりずつなのである。
ところで、昨日から降り続いていた雨も夕方になってようやく上がる。リフレッシュのために外に出た宮崎監督や鈴木プロデューサーは、今年の樹木の状態について話している様子。今年は、とてもアブラムシが多く、車を下に停めておくと一日でボディが樹液と分泌物でドロドロになってしまう。温暖化で木が弱っているからだと、監督は主張しているが、ここ小金井にいるとあまりに緑が多いためか、どうしても毎日様子が気になってしまう私たちなのである。
080503a.JPG
「緑を眺める監督、プロデューサーとNTV奥田さん」


5月5日(月)
先週末から体の調子を崩してしまっていた制作部仲澤さんが、なんとか復活して会社にやってきました。けれども、作画スタッフの数名は、会社にいつも通り来ていたと思っていたらしく、体調不良で休みと知って驚いていました。
もしかしたら、仲澤さんは、制作状況が気になって、自宅療養中にもかかわらず【氣】を会社に送っていたのかもしれません(笑)
さて、ポニョの制作状況ですが、今週も明日から毎日、アフレコ作業の日々が続きます。
もう、本当に完成が待ち遠しくて堪りません!!!!!
080505a.jpg
「今週の予定は、アフレコ・アフレコ・アフレコです。」


5月6日(火)
最近、監督が「あと少しですよ!あと少し!」と言いながら通りすぎることが多くなりました。その言葉の中に、「頑張っていこう!」という励ましの言葉が含まれているようにも感じられ、また何だか物寂しくあるようにも感じられました。
そして、作監状況表を毎日欠かさず眺めては、
「これを見るのを、楽しみにしているんですよ!!」と嬉しそうに語る監督。
どうやらこの状況表を見て、モチベーションを高めているようです。
080506a.jpg
「作監の残カット数が一桁台になりました!!! 」


5月7日(水)
ポニョで原画を担当していたYさんとFさんが、制作休暇を終えて出社してきました!
お二人には、別の劇場の仕事をしていただくことになり、某制作会社から、
できたてホヤホヤの絵コンテが手渡されました。
「もう社内で、並行して別作業が行われる時期になってしまったのか・・」と、時間があっという間に過ぎ去っていくのを改めて感じさせられる日となりました。
やはり、アニメという世界は、知らず知らずに年を取り、ほとんどの方が年齢不詳に陥るという現状を、何となく理解し始めてきたサンキチなのでした(笑)
080507a.JPG
「幸せそうに寝ている姿が、可愛らしいような、憎たらしいような・・苦笑」


今日は星野社長の52歳の誕生日。
メデタイ!ということで社長席のある3スタ2Fのメンバーで、ささやかなお祝いを。
広報部のイトノンが自慢の三鷹にあるシフォンケーキ屋さんでケーキを注文。
「華麗に加齢!ほしのさんオメデトウ」
とネームを入れてもらうつもりが全部ひらがなでよく意味がわからなくなってしまいましたぁ~~~。
080507b.JPG
でも、サプライズに大変嬉しそうな星野社長です。
080507c.JPG


5月8日(木)
動画目標アップ日を5月10日に設定していたため、残りあと2日になってしまいました。
しかし、残りの動画カット数はというと・・・・56cut!!
どうもこのままでは目標達成は難しい状況です(汗)
でも、スタッフは本当によく頑張ってくれており、決して1日に上がる平均枚数が少ないわけではありません!!! 1cutにかかっている枚数が多く、尚且つ内容もあることが、
なかなか動画UPできない大きな一つの要因となっています。
今週末には、1cutに600枚強をかけた動画がアップすることになっています!
本当にどのシーンもみどころ満載の「ポニョ」にどうぞご期待下さい☆

080508a.jpg
現在の美術の状況は、エンドクレジットの背景描きを行っています!
美監のこの机の状態(上記写真参照)をご覧いただければ、いかに、力を注いでいるか、伺えると思います!監督のこだわりが最後の最後まで注がれています!!!!
ぜひぜひ、楽しみに待っていてください!!!


どうも、今年は遅れ気味だった仕上げ横の通用口の薔薇がついに咲き始めました。咲き始めると、あっという間に勢いづき、今年も見事な薔薇の門をなしています。宮崎監督曰く「こんなに咲いているのに気付かない奴は全く気づかない。野中くんはいつもしたを向いているから絶対にそう」と言い切っていた。果たしてどうなんでしょうか?
080508b.JPG
「今年も見事に咲きました。」


5月9日(金)
今日は、ラッシュの日です。
本日で合計1061カットが撮影済となりました。残り78カット!
早く、音つきで映像を楽しみたい♪と逸る気持ちでいっぱいですが、
その前に、なんとか無事に全てのカットを撮影まで持っていくことが大事ですね◎
頑張らねば!!!
080509a.jpg
「撮済が増えるたびに、少しずつ、花びらが増えていく仕掛け?です(笑)」

3日連続で続いていた宗介のアフレコが終わる。朝早くから夕方まで頑張ってくれた○○君、お疲れ様でした。まだまだ名残惜しそうな彼でしたが、最後はジブリ美術館に遊びに行ってとても楽しかった模様。これで、いよいよアフレコも山を越えた感じなのだが、ただ何があるかわからないので、ポスプロチームはまだまだ気が抜けないのです。
080509b.JPG
「まだ小学生なのにインタビューも無事、こなしました」


5月10日(土)
本日を持って、作監&美術が全てアップしました!
作監も美監も、作業中は本当に苦労することが多かったようで、悩みながら頭をかきむしる姿を何度もお目見えするほどでした。
作画監督を勤めて下さった勝也さん、
美術監督を務めて下さった吉田さん、
本当に、本当にお疲れ様でした!!!
現場からも、温かい拍手が沸き起こり、また一歩ゴールへと近づきました!
080510a.jpg
「相変わらず、スヤスヤスヤ・・。」


今日のアフレコはフジモトである。収録は順調に進み、おまけに、人間でない別のキャラクターの声も追加でやってもらうことになったりする。これも、芸達者な役者さんならではこそ。ところで、その役者さんは、以前、なんと宮崎監督の家の近くに住んでたことがあるらしく、休憩時間は地元話で盛り上がっていた。監督は、散歩が趣味なので今度、その役者さんの実家を探しに行くつもりだとか。見つかると良いですね。


5月12日(月)
「ポニョ」の進行状況

原画UP・・・1139cut 終了
作監UP・・・1139cut 終了
背景UP・・・1139cut 終了
動画UP・・・1102cut
仕上UP・・・1070cut
撮影UP・・・1058cut

先週終了した作監と美術に続いて動画も今週中には目処が立ちそうな状況、
残37cutほとんどが今週中にUPする予定です!
しかしそのうちの20cut以上が週末にまとめて上がってくる予定、週末に動画チェックが集中してしまいそうです。
当然20cut以上が週末に集中しても動画チェックの手がパンパンになってしまい、仕上げにスムーズに回せなくなってしまうので、なんとか週頭に上がりが出るような采配をとりたい制作部!
週末の上がりラッシュを乗り越えられれば動画UPも見えてきます!!後少しです。

今日は、リサ訳の女優さんのアフレコ。とても美しく、素晴らしい演技にみなホレボレとしたのであった。ところで、アフレコの様子は、監督が指示を出すコントロールルーム以外でもモニターできるようになっていて、関係者はその小部屋でモニターを眺めている。そこで、今日もやってきていた、日テレ映画センターの畠山君は、「そっかー。下流のデートは男が3千円払って女が2千円なんだ」などと、休憩時間に週刊誌を読み込んで思わず上げた声で、周囲の爆笑を誘っていたのだった。
080512a.JPG
「照れくさそうに週刊誌をしまう畠山氏」


5月13日(火)
とても忙しかった広報部のN部長。朝からジブリで打ち合わせして、その後、日本テレビで会議。途中で抜けて、幡ヶ谷で打ち合わせ、その後、NHKで会議。引き続き夜は、恵比寿の事務所で深夜まで打ち合わせ、という芸能人なみのスケジュール。夕方まで食事も出来ずで、本当にドッとお疲れの様子だった。ただ、この忙しさも、明日から始まる、貫徹の日々の単なる序章に過ぎなかったのだが....。というわけで、制作が終了するころになると、反対に目まいがするほど忙しくなる後方部隊なのである。


5月14日(水)
今日は久しぶりにフイルムの編集作業を行った制作部の仲澤。試写を上映する為にR毎に分かれているフイルムを一つのフイルムに繋げるのも映写技師の仕事の一つ!
当然繋げたフイルムはバラしてR毎に戻してあげなければいけません。
この作業はフイルムに傷を付けないように慎重に行わなければいけません。慣れた人なら時間をかけずにバラス事が可能ですが、仲澤はまだ時間がかかる様子。
080514b.JPG
「仲澤を苦しめるフイルムを繋げるテープ台!」

続いて某スタジオの長編アニメーションを翌日ジブリで上映する為、古城さんが引き続き編集作業を行う。さすがは古城さん!仲澤の半分位の時間で編集作業を終わらせ席に戻ってきていたので仲澤は少しショックを受けていた様子(笑)いつかは古城さんのようなスピードで編集作業をこなせる様にならなければなと感じされられた仲澤なのでありました。


5月15日(木)
社内動画マンも手持ち作業を終えて制作休暇に入っていく人が出てきました!
現在手持ちcutを作業中の人も今週中には終了し、制作休暇に入っていく予定です。
080515a.JPG
原画に続き動画スタッフもほぼ制作休暇に入り始め、ガラガラの作画部フロア!
つい先日までの追い込みとはうって変わって静かな雰囲気に・・・


5月16日(金)
週頭の予想通り金曜、土曜で動画の上がりのcut数が集中しています。本日だけで1500枚越え、明日の予定では2000枚近い上がりが出る予定です。
080516a.JPG
本日upした動画上がり、1cutの枚数600枚!500枚以上の枚数をQARに撮りこむ作業も残りは1cutになりました!無事に土曜、月曜で残りのcutがUPする事を祈るばかりです。


5月17日(土)
本日、原画スタッフが制作部の所にやってきて、自分の作業した原画のコピーが欲しいから倉庫から取り出して欲しいとお願い!
各シーン毎に作業をしている原画さん、制作部に追い立てられ少ないスケジュールの中完成させたcutには、自分の仕上げた原画への思いがきっと有ると思います。できる事ならば完成した原画を持って帰って貰いたいのですが、それはできません・・・当然、動画、背景スタッフに関しても自分の作業したcutにはどこか特別な思いがある筈、皆さん担当したcutがUPした時には自分の手元にとって置く為、コピーを撮りにきている姿を見かけます。自分の担当したcutが撮影UPをした時には絵の描けない制作部には分からない達成感や充実感が作画スタッフには有るんだろうなぁと感じさせられた瞬間なのでありました。

朝から、宮崎監督が段ボール箱を持って何やら配り歩いている。そう、動画がアップの予定で儀式として餅を発注していたのだが、(残念ながら上がらず、来週に持ち越されたのだが...)、餅は日持ちしないということで、先に、お祝いとして紅白の餅を配り歩いているのだそう。いやあ、とりあえず、監督をはじめとしたスタッフのみなさん、お疲れ様でした。との思いをこめてかじった餅は、何もつけなくても、でんぷんのせいか、ほんのり甘かったのであった。完成まで、いよいよ、残りはあとわずかです。
080517a.JPG
「星野社長もいただきました。とりあえず、おめでとうございます」


5月19日(月)
本日動画が1139cut全てUP!
総枚数は約17万枚になった今作品!目標は10日でしたが、過去最高枚数となった今作品をこのスケジュールで終了できたのは動画スタッフの皆さんのお陰です!本当にありがとうございました。

続けて、動検作業も本日中に全てUP!!
ここまで動画の中心となり、17万枚全ての動画をチェックしてきた動画検査の舘野さん!舘野さんの補佐として動画作業と動検作業を交互にこなしてくれた中込さんと藤井さん!動画が終了したその日のうちにチェックも終了と、一番の理想的な形で終了を迎えられ制作部一同頭が上がりません。
残すは仕上げ、撮影!ゴールが見えてきました。


5月20日(火)
月刊MOEの小西さんが広報部に来て今後の取材の打ち合わせなどを行なう。そこで、美術監督の吉田さんに話を聞くことになり、突撃取材。吉田さんは、快く応じてくれて、とてもおもしろい話をたくさん聞くことが出来た。製作委員会資料を作成中の広報部長は、さっそくそのネタを資料に反映させるのであった。


5月21日(水)
この日の午前中は、関連事業会議。ここで、元ローソンチケットの山崎さんが出席。実は、これからジブリで働いてもらうことになって、その挨拶も行なう。こうして、またひとり頼もしい仲間が増えていくのである。
080521a.JPG
「山崎さん、いらっしゃい」

午後は、久しぶりに日本テレビの土屋さんが来社して鈴木さんとのロング対談を行なう。土屋さんは、ダイエットに取り組んでいるらしく、以前より随分スリムになっていた(この対談の模様は、近日中に第2日テレのジブリチャンネルで配信予定です)。映画センターの奥田さんといい、最近日本テレビでは、ダイエットブームなのだろうか。それに対して、お腹の周りが少しも減らない鈴木プロデューサーは、「ダイエットは身体によくない。死んじゃうんじゃないか?」などと、余計なおせっかいを焼いているのであった。
080521b.JPG
「別人のようにスリムになった土屋さんでした」


5月22日(木)
色指定の作業が全て終了!
ここまで1cut、1cut全てのcutのキャラクターの色を決め、キャラクターに命を吹き込んできた色指定の保田さん。
「ポニョ」の世界観は保田さんの色彩能力無くして生まれなかったでしょう!!本当にお疲れ様でした!
この流れに続いて仕上げもUPを目指していきたい所であります。


5月23日(金)
現在メインスタッフのフロアでは「ポニョ」の販売用セルの制作作業を行っています。
物語中の数cutをピックアップし、更にそのcut内のどのコマにするのかなどを細かく検討しています。
080523a.JPG
候補に上がっているcut袋の山。この中からセルにする物を選んでいきます!
作業は作監から改めて行われ、背景も勿論見なおし作業を行います。
最終的にどの場面をセルにするのか販売が待ち通しく楽しみな所であります。

美術館で記者会見などがあってとっても疲れた広報部。夕方から、なんとなく軽い打ち上げを行なう。PPD室のカズミちゃんの実家から送ってもらった正嗣(まさし)の餃子を、栗原さんが見事に焼いてくれ、さらにマユちゃんがビールを買出しに行ってくれて、おかげさまで、これをつまみにとても美味しいビールを飲むことができました。本当に美味しかったです。その後、ご飯をたいたり、そうめんを茹でたりと、ありものでこしらえた夕飯でしたが、とても美味しい夕餉となったのでした。
080523b.JPG
「見事に焼けた餃子を召し上がれ!」


5月24日(土)
本日仕上げ作業がすべて終了!!!
最後の最後に仕上げ作業の難航する某キャラクターのcutが集中したのにも関わらず、動画の遅れたスケジュールを取り戻すかのようなスピードでUP予定日通りに作業を終了させてくれました。
仕上げスタッフの方々本当にお疲れ様でした。
これで全てのcutに色が付きました、残るは撮影作業のみ・・・
080524b.JPG
「作業を終えて静まりかえった仕上げのフロア!」


5月26日(月)
今日、エンディングのクレジットも含めた撮影が全て終了しました!!!
それを祝福するかのように、天気雨がパラパラと降り、東の空に虹が出ていました!
その情報を聞きつけて、スタッフが屋上へと急ぎ、薄っすらした虹を眺めることができました◎雨のお陰で、心地よい風が吹き、スタッフはほっとしたひと時を過ごしておりました♪
080526a.jpg
「気持ちよい風に吹かれながら、小金井の景色を見下ろす、スタッフたち」

080526b.jpg
「社内では、ポニョに関するイメージボードを一枚一枚剥がして、解体作業が始まっていました。」


5月27日(火)
本日、(リテイクがなければ)最後のラッシュチェックとなります。
今回のラッシュは、ほとんどのシーンが作画監督チェック時で、
とても力を入れており、苦労していたシーンばかりということもあり、
見ごたえのあるラッシュチェックとなりました。
そして、今作品で改めて感じることは、
本当にスムーズに制作作業を進めることができたということです◎
これも、各部署のスタッフの皆さんがひとつにまとまり、状況を把握しながら作業を行ってくださったお陰です!!!!   制作部一同、本当に感謝しております!!!
080527a.jpg
「花びらもついに全部色が塗られました。笑」

この日の午前中、いよいよ「ポニョ」の声優が発表されることに。場所は東宝の会議室。宣伝担当と広報部で発表に出かける。スポーツ紙の記者さんたちを集めてジブリの広報部長から説明したのだが、アフレコの結果については一切いわないはずだったのに、こういう機会に不慣れな部長は、つい「長嶋一茂さんのアフレコは終わっています」と口にしてしまい、そのことの質問攻めにあってしまう。とはいえ本当に終わっていたのだから仕方ないといえ、記者会見にはつくづく不向きな部長なのであった。


5月28日(水)
今日から2日間に渡って、音楽レコーディングが行われます。
場所は、すみだトリフォニーホールで行われ、
新日本フィルハーモニー交響楽団の皆さんのオーケストラ演奏が録音されました。
休憩時間は、少しはありましたが、ほとんどぶっ通しでレコーディングが行われました。今回のレコーディングに向けて、予め難しい曲は楽譜が配られてはいたようですが、初見の楽譜もあった中、とてもスラスラと心情込めて演奏してくださり、久石さん初め、宮崎監督、その他スタッフもろもろ、関心と驚きの声をあげていました!!!!
またどの曲も、まるで言葉を発しているかのように、登場人物の心を奏でていたため、
聴いているだけで、どんどんと想像が膨らんでいき、どっぷりとその世界に浸ってしまいました。
宮崎監督も、満足していたようで帰りの足取りも軽く、久石さんの顔にも笑みが浮かんでいました。明日のレコーディングも楽しみです♪♪♪
080528a.JPG
「新日本フィルハーモニー交響楽団の皆さんたち♪♪」

080528b.jpg
「モニターを見ながら音楽のチェックをする監督と久石さんたち♪」

080528c.jpg
「ピンと張り詰めた中でのレコーディング。休憩時間の楽屋ではマッサージ大会が行われていました(笑)」


5月29日(木)
音楽レコーディング2日目♪♪♪
今日は、昨日とは打って変わって激しい曲や難しい曲が多く、
より一層迫力のある演奏となりました!!!!
特に、バイオリンの「ボワァァァァン、ボワァァァァァン」(文字で音を正確に書きあらわせられないのが残念です(汗))そのような音が、クラゲがゆったりと泳いでいる感じが凄く出ていて本当に音の面白さに感動し、聴き入っていました!!!!
また、テンポの速い曲はもちろんのこと、しっとりと聴かせる曲もピカイチで、
もうその曲だけで世界が広がっていました!!
2日間久石さんのレコーディングに参加できたのですが、本当に素敵な人柄の方で、
それが曲にもよく表れていました。
今回はコーラスも沢山有り、その歌声は伸びやかで気持ちの良いものでした。
もうこれは、絶対劇場で見なければ損します!!(断言!!!!)
ぜひ大画面で堪能してもらいたいです◎
080529a.JPG
「栗友会合唱団の方々も加わり、ド迫力のステージ上☆」

080529b.jpg
「宮崎監督からの差し入れの大福に皆さん喜んでくださいました◎」

080529c.jpg
「鈴木プロデューサーからのカステラの差し入れにも、すぐに人だかりが出来ました♪」

「楽屋では、制作部(ポスプロ班)西原さんのバースデー☆を祝う会が行われました!!」
080529d.JPG
080529e.jpg
思わぬ出来事にとっても嬉しそうでした◎おめでとうございます☆☆☆」


5月30日(金)
今日は、オールラッシュが行われ、最初から最後まで繋げてポニョの映像をチェックしました。そのラッシュに参加した制作部仲澤さんは、「早く音が付くのが楽しみです!!!」と
やや興奮気味でコメントしていました☆
昨日行われたレコーディングとアフレコや効果音の素材がどのように料理されていくのか、本当に楽しみで待ち遠しいです!


5月31日(土)
制作もほとんど終わって、のんびりした土曜日。今の懸念事項といったら、ここ数日、鈴木プロデューサーが歯痛に悩まされていることぐらい。今日の鈴木さんは、ずっと楽しみにしていた小三治さんの寄席に行くはずだったらしいのに、歯痛のため急遽欠席。重症である。ところが、歯医者に行ってみると、神経を抜いた後がこすれていただけ(?)らしく、原因がわかって、あっという間に復活を遂げた鈴木さんなのであった。