メインコンテンツ | メニュー | リンクメニュー

Main Contents

2008年03月

3月1日(土)
久々の春の陽気に誘われてお昼に食事に出かけると、スタジオの近くにも、梅の花が咲いていることに気付く。今日から、弥生。今月末は、桜の花も咲くことだろう。なんだか、日の光もまぶしく感じる、今日の午後だった。
080301a.JPG
「可憐な花が風にゆれています」

ところで、今日は制作部全員で制作部の周りにある棚の整理をする。管理部用の空の棚が必要になった為で必要ないものは捨て、適当に使っていた棚を整理整頓する。そうすると以外にもどんどんスペースが出来るもので、日頃の適当さを痛感する一同。制作が無駄に使っていたスペースをポスプロ班に使ってもらう事で、無事管理部用のスペースも確保する事が出来た。


3月3日(月)
今日は、ひな祭り☆
作画フロアにも、いつものようにひな壇が飾られてありました!
ポニョにちなんでか、海に関するものが多く飾ってあるような・・・
貝殻とか、渦巻き貝殻とか、ホタテのような貝殻とか、トロ寿司のおもちゃとか(苦笑)さてさて、ひな祭りと言えば、お雛様です!
さて、どんなお姿をしているのか覗いて見ると・・・んんん?ハテ?
お内裏様とお雛様がそろって後ろを向いておりますぞ!!!(驚)(写真参照)
もしかしたら、公開に間に合うように全力で作業をしているスタッフを気遣ってくれているのでしょうか??まるで今日という日を敢えて主張せず、静かに二人だけで祝うかのように座っておいでです。(笑)
080303a.jpg
「屏風に映る自分の顔にホレボレしていたりして?!」


星野さんが社長就任以来、精力的に取材をこなしている。今日は、NHKの海外放送の取材。全て英語の取材なのだが、何の苦もなくこなす社長は頼もしい。でも、それらしい絵を撮りたいということで、海外事業部の協力を得て撮影敢行。局長のアルパートさんが、ポニョのハンドパペットをはめてサービスしてくれたのだが、おかげさまで、随分と楽しい会社に写っているんだろうな、と思う。
080303b.jpg
「ポニョといっしょで嬉しそうですね」


3月4日(火)
今日、ようやく全てのレイアウトがUPしました。
今回の作品の総カット数は、1139カット!
予定UP日より少し押したものの、まだまだ巻き返しは効く状態です!!
しかし、こうやってひとつひとつがゴールしていくのですね。(しみじみ)
劇場作品は、制作期間が長期に渡るため、スタートしたばかりの頃は、いつ終わるのだろう?と果てしなく続くような気持ちがしていましたが・・(苦笑)
やはり、終わりはあるものです。すこし物寂しい気持ちがします。
どうやら予想通り、「ポニョ」に愛着心と執着心がどんどん沸いているのを感じる
今日この頃です◎
080304a.jpg
「お陰で、制作陣の顔にも笑顔が出る日となりました!」


3月5日(水)
本日は、「崖の上のポニョイメージアルバム」の発売日です☆☆☆☆☆
まだ、皆さんには緑色のバケツから顔を出すポニョのポスターくらいしか、お目に触れていないかと思いますが、このCDを聴いていただければ、もっともっと今作品のイメージが膨らんでいくことと思います♪♪
歌詞付きの曲が多いので、そのキャラクターの性格や特徴が良く表れています!
アルバムには、切ない心情を歌ったものや、癒し系、軽快な曲調まで盛り沢山です☆
イメージアルバムだけに、この曲を聴いて自由にimageして楽しんで下さい☆
そして、自分だけのイメージしたストーリーと、実際に出来上がった映画のストーリーをご覧いただければ、違った視点で何倍にも何通りにも「ポニョ」を楽しむことができるでしょう◎
どうぞイメージアルバムを活用して、それぞれにいろいろな楽しみ方をしていただければ幸いです。

庵野監督が久々に、自分の会社であるカラーのスタッフとともに、ジブリを訪問。スタッフが社内を見学している間、庵野さんは宮崎監督と散歩しながら、ふたりでずっと話していたのだが、一体何の相談なのだろう。丁度、居合わせた広報部員が写真に撮っていたのだが、こんなふたりの歩いている姿は、10年前のサハラ砂漠のツーショット以来じゃないだろうか!?
080305a.jpg
「左に紅梅、右に白梅、なんだか縁起も良いようです」

久々に夕陽がキレイとの一報を受けて、撮影のために屋上へ。宮崎監督や他のスタッフも集まってきていた。冬の間は空気が澄んでいて遠くの景色もよく見えたのだが、これから春になるつれ、水蒸気や塵が増えて、なかなかこのような夕陽は拝めなくなると思う。暖かくなって嬉しいやら、悲しいやら...。
080305b.jpg
「気がつくと西の方に高層ビルが建設中なんですね。なんだか、ガメラのワンシーンみたいです。」


3月6日(木)
今日は、朝から晩まで、第二回目のカッティングに必要な素材を作るために、
線撮り作業に追われる一日となりました。
どのカットも内容量がとても重いため、1カットを仕上げる時間が半日を余裕で過ぎてしまうものもあります。1回目のカッティングとは違って、2回目以降は線撮り作業がどうしても多くなるため、慎重にカットの采配を考えていかなければなりません。
少しでもクオリティの高いものにしたいと想う気持ちと、カッティングに間に合わせなければと思う気持ちとが葛藤している日々を送っている制作部の面々です。

そんな中、ジブリの癒し系アイドルであるウシコが、とうとうあの有名なミュージカル、
「アニー」に扮して登場♪あまりにも、お似合いで周りのスタッフから笑い声が・・・
ウシコも、まんざら嫌でもない様子。じっと耐えているのか、為されるがままに固まっていました(笑)
080306a.jpg
「ウシコちゃん、ひとときの笑いをありがとう・・・」


3月7日(金)
制作系は、相変わらずバタバタと走り回って、作業中です。
特に大きなビックニュースはありません。

JALの「空を飛ぶ。」プロジェクトの一環で行なわれていた、787の機体デザイン募集の選考会がジブリのバーで行なわれる。いつもは、ご飯を食べたり接客を行なっているバーに、壁がつくられ、200枚を超える応募作品が掲示されて、JALさんだけでなく、宮崎監督や鈴木さんも参加して審査が行なわれていた。スタッフもモノ珍しそうに、遠巻きに眺めていたのだが、審査は難航していたらしく、2時間近く続いていた模様。詳細は、近く、JALさんから発表があると思うのだが、傑作が選ばれている予感がひしひしです。
080307a.jpg
「宮崎監督も鈴木さんも真剣です」

田村さんが明日から産休に入るため、広報部を中心に送別会が行なわれる。妊婦と胎児に優しいごはん、ということで三鷹の釜飯やで開催されるが、時間通りに来ていたのは二人だった。ネットで記載されていた地図が間違っていたり、電車が遅れたりといったアクシデントがあったためだが、大人としてどうなのか?
とはいえ、会のほうは、おいしいご飯と飲みもののおかげで盛り上がり、暫しの別れをみんなで惜しんだ模様。田村さん、お疲れさま。待っているので、元気な子を生んで戻ってきてね。
080307b.jpg
「部長から花束を渡します。良い子が生まれますように...」


3月8日(土)
制作の仲澤さんが、重度の花粉症に悩まされています。
一昨日は、風邪で?体調も崩してしまい、休んでいました。
今は元気に復帰していますが、花粉症で目がかゆいそうで、プール後の充血みたいになってしまっています。かわいそうに・・・。
一方、さんきちは・・・「バ○は風邪引かない??笑。」の言葉どおり、いつもの調子でやっているようです。苦笑。
社内では、マスクをしているスタッフが何人もいて、くしゃみがあちこちから聞こえてきます。踏ん張りどころの今だからこそ、体調管理には十分に気をつけなければなりません。
スタッフの皆さん、最後まで健康にも気を遣いながら作品を仕上げていきましょうね!!


3月10日(月)
「ポニョ」の進行状況
レイアウトUP・・1139カット (終了)
原画UP・・・・・986カット
作監UP・・・・・925カット
動画UP・・・・・882カット
背景UP・・・・・1001カット
仕上UP・・・・・848カット
撮影UP・・・・・839カット

先週レイアウトが終了し、これから原画マンは手持ちの原画UPを目指し切迫したスケジュールの中、カットを上げていかなければなりません。作画部は今日も夜遅くまで作業に集中しています、目指すは3月一杯での原画UP!原画スタッフの皆様、ラストスパートよろしくお願いします。


3月11日(火)
今度、名古屋にある「サツキとメイの家」がテレビの生放送で取り上げられることになって、テレビ局の人とその打ち合わせを行なう。昭和の暮らしからエコを考えるという主旨で、エコに関する特別番組のワンコーナーなのだとか。これは久々に名古屋に泊まりで出張か?と、今から再会に期待する広報部員なのである。(詳細は、決定次第、最新情報で発表いたします!)


3月12日(水)
本日、原画の山下さんが手持ちカットを全て終わらせ、制作部を驚かせました。山下さんがこれまでに作業したカット数は約120カット!驚きのカット数を誰よりも早いペースで上げて下さり、制作部は全く頭が上がらない様子です。あまりにも制作の予想より手持ちカットを早く終わらせてくれたので(いつも良い意味で期待を裏切ってくれます)、山下さんの次の仕事をまとめきれていなかった制作陣は、さっそく監督と相談し、作監の手伝いに入って貰う事になりました。
山下さん、今度は作監で制作部を驚かせるようなスピードを期待しています(笑)

ジブリのDVDを発売してもらっているウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメント(長い名前です!)の春のコンベンションが品川であり、美術館ライブラリーや広報の関係者が見学に出かける。当然、「雪の女王」や「パンダコパンダ」の話題を聞きに行ったのだが、今週末公開される「魔法にかけられて」も上映されたれしてなんだかおトクなイベントだった(個人的におもしろかったのは、国内で制作されテレビで放送されるディズニーアニメ「スティッチ」のスチルが初めて見れたことだったりするのだが)。映画館もだけど、DVDもたくさん売れますように。


3月13日(木)
今日もやってきましたウシコです。(またまた困ったときのウシコネタですね...)
突然、某スタッフの席の上に飛び乗り何を考えているのか・・・。
080313a.JPG
当然、戻ってきたスタッフによって追い出される事になりました。


3月14日(金)
第2回目のカッティングまで残り3日となりました!
この所、制作部のサンキチは線撮り用のパソコンの前に座り、朝から晩まで黙々と作業に没頭しています。1回目のカッティングはほぼ撮影済みで済んだのに対し、2回目のカッティングに関しては撮影まで間に合わないカットが多く、ラフ原画撮、作監撮で素材を用意しなければならない事が多くなります。今回のカッティングでサンキチが用意したカット数は40カットあまり。残りのカットに関してはなんとか動画撮、撮影アップまでもっていく事ができました。
当日までに用意しなければならないカットも残り僅か!今日、明日と作業は踏ん張り所ですが、なんとか持ち前の元気で乗り切って貰いたい所です。

世の中もジブリもホワイトデーの今日、社内には趣向を凝らしたお返しのお菓子が溢れていました。なかでもすごかったのは、映像部の駿くんの手作りクッキー。初めて作ったというのに、この見事なできばえ。見事にポニョが再現されています。果たしてお味のほうはどうだったのでしよう。こんな手作りクッキーをもらえる女性は幸せ者ですね。
080314a.JPG
「食べるのがもったいな~い」

鈴木さんは、今日もテレビの取材を受けています。日テレのニュースZEROで、「パンダコパンダ」の話題です。ZEROさんにはいつも、ジブリの話題を取り上げてもらっています。これも、ディレクターの中村さんの人徳があってのことです。これからも、末永く願いします。ところで、いつも帽子をかぶっている中村さんに、鈴木さんが「その帽子をぬいだら頭の中はどうなってるの?」と聞いていました。答えは「毛がない」そうです。怖いところへ取材へ行くために、そんな髪型にしているのでしょうか。ますます謎が深まった中村さんなのでした。
080314b.JPG
「帽子の方がZEROの中村さんです」


3月15日(土)
作監のぺースが上がってきているので、動画出し待ちの棚に貯金が溜まり始めてきました。(少しですが・・・)動画増員に踏み込み、動画以降のペースアップをしていきたい制作部。さっそく本日、動画出しをお願いしてきました。
今作品の動画総枚数は16万枚を越えると予想され、(現在動画UP枚数は約13万枚です)
残り1ヶ月半程で、残りの3万枚を消化していかなければならないのです。今お願いしている人数では、動画アップ予定日までに間に合わないので、今後、更なる増員をしていかなければなりません。やみくもに人数を増やして手空きを作ってしまう事はできないので残カットの内容を把握し、上手く采配を決めて動画を進めていかなければと感じる制作部なのであります。

ポカポカ陽気が続くこのごろ、満員御礼だった「パンダコパンダ」の初日の帰り、近くの保育園の桜の枝を眺めると、つぼみがここにきて急に膨らんできた様子。この分だと来週には桜の便りもチラホラと聞かれそうです。
080315a.JPG
「東京の開花予想は26日ですが、早まりそうですね」


3月17日(月)
「ポニョ」のラッシュチェックが行なわれる。本来、ラッシュは毎週金曜日と決まっているのだが、明日から始まるR-3・4のカッティングの為に、1カットでも多くの撮影済みのカットを用意する為に、本日行なったのだ。今日のラッシュで撮影の残りが263カットとなり、いよいよゴールもおぼろげに見えてきたように思う。


3月18日(火)
R-3・4のカッティングが行なわれる。前回のカッティングからもう1ヶ月経つとは、追い込み時の月日の経過は本当に早い・・・。制作部カッティング担当のサンキチの奔走により、撮影が間に合わないカットも何とか素材が用意されて無事カッティングを行なう事ができた。残るカッティング作業は、来月22日のR-5・6のみ。最後のカッティングにどれだけ多くの撮影済みのカットを用意出来るか、担当サンキチの苦悩はまだまだ続くのである。


3月19日(水)
原画と美術では、今週から手持ちが終わり制作休暇に入るスタッフが出始めた。1年半という長い期間この作品を作業していたスタッフは、休暇に入るといってもやはりどこか寂しそう。アニメーション制作はどうしても「終わったー!」という気分では終われない。作業が終了する時期がスタッフ全員違うことと、もっとクオリティーを上げられたのではないかという自己反省の思いがスタッフにはあるからだ。作業が終了したスタッフのそんな雰囲気を感じる度に、制作部はジブリスタッフの質の高さを改めて実感する。そういった一人一人の飽くなき向上心がジブリ作品を支えているのである。


3月21日(金)
制作部で使っている制作車2台が6ヶ月点検の為に一日入院をする事に。追い込みで外への回収も増えてきて、ここ最近は2台ともフル稼働状態が続いていた。案の定、点検の結果、何ヶ所かに故障や傷みが見つかり、早速修理をしてもらう事に。幸い2台ともこの日中に修理が終わり元気になって帰ってきた。「ポニョ」の残りも期間もあと少し、2台とも制作部の一員として最後まで頑張ってもらいたい。

東小金井で一番開花早いと思われる、保育園の桜の木(広報部長は勝手に小金井の基準木と呼んでいる)に、ついに数輪の開花が。東京の開花予想より二日も早い。いよいよ春本番なのだが、このままでは、5日の社内の花見弁当支給の前に桜が散り始めてしまうおそれも。あまり暖かい日が続かないように祈る思いである。
080321a.JPG
「ついに桜の花、ほころぶ」


3月22日(土)
アフレコの日程が徐々に決まりはじめ、慎太郎が残りのカットで台詞のあるカットをリスト化して制作部の壁に貼り出す事に。この表を見ながら作監作業以降の優先カットを決め、アフレコまでになるべく多く撮影済みになるようにカットを動かしていかなければならない。制作現場は終盤になると、全体スケジュール・カッティング・アフレコと色々な優先条件が生まれてくる。なるべくすべてが円滑に進むように制作の采配も日々変化していくのだ。
080322a.jpg
「慎太郎お手製のリスト」

うららかな土曜日。東京でもついに桜の開花宣言が出される。玄関では、のどかにネコたちが日向ぼっこをしている。本当に良い季節になったものだ。
080322b.JPG
「のどかな土曜日です」


3月23日(日)
「ポニョ」のアフレコの第一弾が行なわれる。本格的なアフレコはまだまだ先なのだが、スケジュールの都合で、ひとりだけ早く行なわれた次第。○○さんはとても上手い方で、これまでもジブリ作品の声の出演をお願いしていた方。アフレコは順調に進み、2時間弱で終了する。鈴木プロデューサーも「○○さんは、やっぱりすごい」を連発していた。宮崎監督も満足の様子だった。終了後は特典映像用のインタビューが収録されたり、番組の収録も行なわれたり、○○さんは多忙なスケジュールを勢力的にこなして、帰って行かれたのだった。
080323a.JPG
「申し訳ないです。まだまだ、ご紹介できません。」


3月24日(月)
先週の日誌(3月22日土曜日の分)に、掲載されていましたが・・・
制作部の仲澤さんが台詞のあるカットを抜き出して、表を作ってくれました。
そして、完成した表を早速、伊藤さんと壁に貼り出していたところをちゃっかり写真に収めたサンキチ。。
「もうちょっとこっちだよ・・」とかいろいろ聞こえながら仲良く貼り出していた姿は、後ろから見ていてとても微笑ましい光景でした(笑)Byサンキチ
080324a.jpg
「こうやって見ると兄貴と弟のような二人です。笑」


3月25日(火)
嬉しいことに、以前より動画出し待ちの棚にあるカット数が
じょじょに溜まり始めてきました!
以前までは、おなかを空かせていた棚も、ようやく満たされ始めたようです(笑)
この状況は、動画担当の仲澤さんとサンキチにとっては、ホットするものになるとともに、早急に動画マンの増員を考えなければならなくなりました。
動画が作業できる残りの日にちも少なくなってきたため、慎重な采配が必要です。
080325a.jpg
「お腹が満たされたら、あとは消化するのみ!!!!」

8月に予定されているイベントの下見で、九段下の武道館まで出かけました。お堀の桜の花も咲き始め、とてもいい雰囲気でした。武道館では大学の卒業式のリハーサルが行なわれていて、合唱部と思われる人たちが校歌(?)を歌っていたのですが、人間の肉声は素晴らしく、広い武道館に響き渡っていました。ここでひらかれるイベントはすごいものになりそうです。でも、詳細はまだまだ秘密です。
080325b.JPG
「ただただ広さに圧倒されるものたち...」


3月26日(水)
スタッフがほとんど帰ってしまった深夜のスタジオで、メインの席から何やらゴソゴソ、ゴソゴソ音がします(恐)
覗いてみると・・遅くまで作業していたスタッフたちが監督の席で、他の原画さんの原画を見たり、修正内容を確認したり、熱心に勉強しているようでした。
時折、かわいらしいカットを見ては(ここではどんなカットか言えないのが残念ですが・・)
「キャー、可愛い◎」と思わず声を上げるスタッフの姿も・・。
最近のスタッフの様子は、一見いつも通りのように見受けられますが、やはり疲労はピークに達し始めているようです。
以前にはよく聞こえていた笑い声もあまり聞こえなくなり、皆、もくもくと作業をおこなっています。
カラダだけは気をつけましょうね◎
080326a.jpg
「今がチャンス!とばかりにゴソゴソゴソ(笑)」

明日から開かれる東京国際アニメフェア2008の準備で、東京ビックサイトに出かけました。車で出かけたのですが、天気も良く桜も咲いているということで、助手席の社長秘書の栗原さんはずっーと車窓から写真を撮っていました。昔、絵画をやっていたらしく、かなりの写真好きとお見受けしました。会場では、ムービックさんと一緒に設営。夜にはなんとか形にすることが出来て、ホッと。展示している大切なホンモノのレイアウトだけ、秘密の場所に隠して、一同は帰宅の途に着いたのでした。
080326b.JPG
「ジブリブースはこうしてつくられた...」


3月27日(木)
最近、「公開って来年の夏だったよね??まだ一年作業期間あるよね??」
と、疲れきった顔で制作に訊ねるスタッフが増えてきました。
ついつい、その姿を見て「ええ、そうですよ!」と言ってしまいそうになりますが・・・いやいやここは鬼となって・・笑。「今年の夏には公開ですよ!!あともう一息です!」とはっきり伝える制作部。
やっぱりそうかぁ。とまた現実に戻るスタッフを横目に、ただただ励ますしかないのでした!
080327a.jpg
「これが終われば、制作休暇が待っているニャー♪」

アニメフェア初日、たくさんの関係者やマスコミの皆さんが、ジブリブースにやってきてくださいました。特に海外担当の武田さんはお客が次から次に来て大忙しの様子。なぜかお客が例年より少なかった商品部の今井さんとは対象的でした。それにしても、チラシの挟み込み作業がない今年のアニメフェアはラク。何事も事前の周到な準備が肝要ですね。
080327b.JPG
「今年も外人のお客さんがたくさん来てくださいました」


3月28日(金)
あちこちの街路樹に桜の花が咲き始め、お花見日和となりました。
昨年は、近くの公園の桜の木の下でお弁当を広げて花見を楽しむスタッフが沢山居ましたが、今年は・・・。
せめて、パソコンのデスクトップに桜の画像を張り出して、それを眺めながら春を感じようかどうしようかと・・(苦笑)思案中です。。。
080328a.jpg
「ジブリの屋上では春の花が沢山咲いていました!」

ジブリの社内施設の内覧会が行なわれたのですが、予想されていた雨も早くに上がり、天気も良くなって春うららな気候。のんびりポカポカなひとときを過ごすことができました。大勢のVIPの方々もいらしたのですが、皆さん一様に笑顔になって、楽しいひと時を過ごすことができたようです。おかげで、鈴木さんのスケジュールがどんどん押してしまって、その後のお客さんたちを待たせてしまったというハプニングもありましたが、たまには時間に追われない、ゆとりの気持ちも持ちたいものですね。
080328b.JPG
「日ごろのストレスを忘れてくつろぐオヤジたち」


3月29日(土)
これまでに、911カット☆ラッシュまで完成しています!
残りのカット数は・・228カット。
毎日、采配や進行の仕方を考える日々を送る制作部。
なんとしてでも、無事に終わらせたい!!!そう願いながら、
スケジュールとのにらみ合いっこが続いております。
080329a.jpg
「がんばるニャー!!!!!!!」

アニメフェアも3日目となり、本日より一般デーに突入。昨日とは打って変わって、5万人以上ものお客さんがやってきて、ブース間の通路はスシ詰めの満員電車状態。入場も1時間半待ちだと聞いて、そのすごさを知る。ただ、ジブリブースの周辺はわりとお客が少なくて、ちょっとした憩いの場と化していた。昨日から稼働し始めたチェブラーシカが思いのほかの大人気で、美術館ライブラリーチームの面々は夏への手ごたえを感じていたに違いない。
080329b.JPG
「ポニョも見つめています」


3月30日(日)
アニメフェア、最終日。さすがに4連チャンのイベント事業部スタッフは心底、疲労困憊の様子。また今日もお客さんの数がすごくて、開場前には昨日より1000人も多くのお客さんが並んだらしい。今年のアニメフェアは、どうしてこんなに盛況なのだろう(嬉しいことだけれど)。さて、本日、チェブラーシカに入ったのは広報部のうっきゃー。とても動きが良く、元気なチェブラーシカになっていた。閉幕10分前まで着ぐるみで頑張っていたウッキャーには敢闘賞を上げたいぐらい。それにしても、この4日間で会場に来てくださった12万6千人の皆さん、本当にありがとうございました。来年、またお会いしましょう。
080330a.JPG
「今年の夏は、チェブラーシカもよろしくねっ」


3月31日(月)
「ポニョ」の進行状況
原画UP・・・1060カット
作監UP・・・1012カット
動画UP・・・ 944カット
背景UP・・・1065カット
仕上UP・・・ 915カット
撮影UP・・・ 909カット

今日で3月も終わり、いよいよ明日からは4月!追い込みもピークを迎えます。
原画・作監は勿論ながら動画・背景も4月一杯が勝負の月!動画は5月の上旬のアップを目指して作業を進めています。4月上旬に大変な内容のカットを押さえて早急に動画出しに踏み込めるのが理想ですが、これは原画・作監の上がりに期待!動画マンがいつ手持ちが上がるのかを把握し、作監上がりが出た時にスムーズな動画出しをする事が大事になってきます!
背景に関しては順調に進んでいて4月末には作業も終了しそうな勢いです。しかしなにが起こるか分かりません!最後まで油断せずに円滑にカットを回していきたい所であります。
080331a.JPG
「本日の作監上がり、週の目標は30カットです」