メインコンテンツ | メニュー | リンクメニュー

Main Contents

2010年8月18日

「福島第二原子力発電所エネルギー館」における「どんぐり共和国」の運営について

 首記の件につきまして、昨日まで弊社あてにメールと電話で複数お問い合わせをいただきました。この場を借りて、スタジオジブリの見解と対応について述べさせていただきます。

 「福島第二原子力発電所エネルギー館」の中に開設されている、スタジオジブリのライセンス商品を販売する「どんぐり共和国」につきましては、重大な判断ミスでした。誤解を招くものであり、弊社として、考えが足りませんでした。お詫び申し上げます。
 スタジオジブリが他の企業・団体等の広報活動にジブリ作品のキャラクターを使用させることは、新作映画のタイアップ等を除き一切行なっていません。作品とキャラクターのイメージを守るために、これまでずっとその方針を貫いて参りました。今回のケースはその事例にあたると判断し、弊社は、この施設への「どんぐり共和国」出店を即刻取り止めるよう指示しました。これから、関係者の皆様には、多大なご迷惑をおかけすることになりますが、何卒、ご理解ご了承下さいますよう、お願い申し上げます。

 今回の件につきましては、スタジオジブリとして思慮が足りなかったことが原因です。改めて、お詫び申し上げます。また、これを機に取引先やキャラクターの使用について改めて総点検し、今後このような問題が起きないよう努めてゆく所存です。

 何卒ご理解下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。これに懲りず、これからも、スタジオジブリ作品を応援していただければ、本当に嬉しく思います。


2010年8月18日

スタジオジブリ代表取締役社長
星野康二