メインコンテンツ | メニュー | リンクメニュー

Main Contents

作品の内容の解説スタッフプロフィール

原作・脚本・監督: 宮崎 駿

 1941年、東京都生まれ。1963年東映動画(現・東映アニメーション)入社。「太陽の王子 ホルスの大冒険」('68)の場面設計・原画等を手掛け、Aプロダクションに移籍し「パンダコパンダ」('72)の原案・脚本・画面設定・原画を担当。'73年に高畑勲らとズイヨー映像へ。日本アニメーション、テレコムを経て、'85年にスタジオジブリの設立に参加。その間「アルプスの少女ハイジ」('74)の場面設定・画面構成、「未来少年コナン」('78)の演出などを手掛け、「ルパン三世 カリオストロの城」('79)では劇場作品を初監督。雑誌『アニメージュ』に連載した自作漫画をもとに、'84年には「風の谷のナウシカ」を発表、自ら原作・脚本・監督を担当。

 その後はスタジオジブリで監督として「天空の城ラピュタ」('86)、「となりのトトロ」('88)、「魔女の宅急便」('89)、「紅の豚」('92)、「もののけ姫」('97)、「千と千尋の神隠し」('01)、「ハウルの動く城」('04)といった劇場用アニメーションを発表。中でも「千と千尋の神隠し」は第52回ベルリン国際映画祭金熊賞、第75回アカデミー賞長編アニメーション映画部門賞を受賞しており、第62回ベネチア国際映画祭では栄誉金獅子賞を受賞。

 著作に『トトロの住む家』(朝日新聞社刊)『シュナの旅』『何が映画か』(黒澤明氏との対談集)『もののけ姫』『出発点』『虫眼とアニ眼』(養老孟司氏との対談集)(以上、徳間書店刊)『折り返し点』(2008年7月16日岩波書店より発売予定)がある。