メインコンテンツ | メニュー | リンクメニュー

Main Contents

作品の内容の解説作品解説

人の手によって描かれた表現の迫力

 宮崎駿監督の4年ぶりの最新作となる本作品には、監督が今もっとも信頼を寄せるメインスタッフが集結しました。
 作画監督として「魔女の宅急便」以来の参加となる近藤勝也。
 美術監督は、「もののけ姫」以来、第一線で活躍してきた吉田昇が、どこか絵本を思わせる独特の画風で作品に優しさと新風を吹き込んでいます。
 その他、映像演出の奥井敦や長年タッグを組んできた色彩設計のベテラン保田道世が参加。
 アニメーション表現の新境地を目指します。

 また特筆すべきことに、CGによる表現を廃し、全て手で描くアニメーションに挑んでいます。
 結果、どこか懐かしく、かつダイナミックな画面作りに成功。
 なかでも宮崎監督がこだわったのが海と波の表現。
 荒れた海を実際に観察して生まれた監督のイマジネーションは、観客の想像をはるかに超えた世界を作り出しています。


00_about_02